看護師は他人の健在や時折生命に関わる仕事であり、かなり

看護師は他人のカラダや時折生命に関わる労働であり、なかなかリラックスできる暇など無く、そういったことにより多くの看護師は外敵に悩まされます。
ですから、身体に負担がかかる労働です上に、心にも大きな負担がかかるということになります。
そうして溜めこんです外敵を廃止させる術を探せるかどうかというのは、この先も長く続けたい場合は要になるでしょう。
職種を代謝制で進めて出向く中でのまったくビッグイベントにおいて、勤務内容のチェンジがあり、これは申し送りと呼ばれていらっしゃる。
病人に行なわれた措置についてや、服用容量の変貌といった通知、サービスされたり改められたりした諸々のキャッチボール箇条を直、顔を合わせて紹介説明する決まりだ知らせ忘れなどミスのないようにし、また、標的がきちんと理解できるようになるべく明快に話す開始が必要です。職種に就いている人物が少なくなるタイミングを極力作らないように、軽く終える技量もとても大事なことだ。
勤め先で担当する職種により、オペの内容がさっぱりなるのが看護師だ。
という訳で、例えば病院労働をこなしてきた方なら、再就職をした時も、前のキャリアを買われて病院で、に関してにはなりやすいだ。または、何か得意な技量を持っているのであれば、それを抜擢相談で言っておくことで、それを活用できる箇所で頑張れるようになるはずです。
また、夜勤が性に合うので希望する、位と伝えれば、高い確率で病院労働にまわされるでしょう。勿論職種の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、どうしても希望することなどがあれば、言っておくべきです。
昔から、看護師は比較的財貨の良い考え方がつきものです。
もちろん、病舎では責任のある労働を任されることもありますし、夜勤が必須に至るなどツライ生業ですが、給料で見れば安定して高給だということが見て取れます。
環境に左右されないのもウリでしょう。
高給が約束された安定した商いとしては人気のある生業に看護師が挙がるわけも分かりますね。
病舎は清潔感が大切ですが、そこで動く看護師も、病魔のクランケと接しなければいけないので、ヘアスタイルにも注意しておきましょう。
看護師として、自分がクランケならどうしておもうのかを考えつつ、清潔感を重視したヘアスタイルを選ぶことが大事です。とはいえ、勤め先の条件やアドバイス次第では、ヘアースタイルの法律の厳しさが違う場合があることを忘れないでください。高い給料をもらっている看護師でも、ますます儲けを得たいとして、Wワークに挑む方もいらっしゃる。病舎以外の能力口も看護師には数多く、人物ドッグやカラダ検査のフォロー、株式会社トリップに同行する課程ナースなど単発の労働や短期間の労働も、真によりどりみどりで、日曜日を利用してのサイドジョブというのは、さほど行ないやすいのです。
しかし、メインの人間の勤め先で休日を一概に取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、その前に職業での看護師の労働自体が、大層ツライタイプとあって、ボディーにダメをさせてまでサイドジョブをするのは、そんなに勧告致しません。
勤め先を変わりたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。慢性的に看護師の数が足りない、とする病院は数多く、要望は上がる一方で、結果として、求人がハード多いわけです。
例えば今現在、仕事場で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、例えば残業が多すぎるといったように、業種条件が劣悪であるなど、勤め先を変えたい、というようになった理由は様々であるようです。もっと良い勤め先条件を期待したり、現時点より良い扱いを求めての転職です時、単に給料や労働条件だけを見ないで、如何なる好評が流れているか、確認しておきたいところです。
除外もあるかもしれませんが、看護師として勤めると、いよいよ離職を考えることも少なからずあることと思います。仕事上のヘマや、病人につらいことを言われたりすることだってあります。
しかし、相応しいポイント、看護師の労働をやり続けたいと実感することも多々あるのです。
力付けていただける発言に、優しい言葉など、名工のかけてもらえるワンポイントワンポイントを筆頭に、周囲の方々に支えられて働けているんだということを生活痛感していらっしゃる。実は、看護師でも公務員の舞台に練ることがあります。その方法は、国公立病舎や公立組織ではたらくというコツだ。
実に、看護師の生業は専業で長く勤務することが出来る安定した生業として人気なのですが、ますます公務員の扱いが付加する結果ぐんと安定した生業になることは確実です。
給付やボーナスが安定して貰え、特恵厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのはカワイイアドバンテージだ。
昨今の看護師不完全は世渡りに支障をきたすほどの問題になっていらっしゃる。その原因として代表的なものは、看護師の業種条件がハードしんどいものだということが言えるでしょう。法修正によって、医師の労働を看護師が職務できるようになった結果労働が増加する一方になり、出勤も長時間になって、休みを取ることも酷いのが現状です。
あるいは、夜勤で働きながらちびっこを育て上げる事が難しいとして、看護師の商売を去る方も珍しくないのです。働く時間を、自分である程度段取りでき、やりたい労働を多くの中から買えるのが派遣という形で動く看護師にとっての、大きな引力ではないでしょうか。
その時限りの単発の労働や、短期間に限った労働とか、長期の労働もむろんあります。前もって、こちらに都合の良い派遣場所を、常に買える訳ですから、労働を探しているけれど、制限に丁度現れるものがなさそうな場合は派遣というコツもある、ということを頭に入れつつ、求職行動を通じてみてはいかがでしょうか。それぞれご存知のように、看護師の勤め先条件は千差万別で、様々な科を併設した総合病舎から町医者までスゴイ違いがあります。他にも、病院や保育園に看護師が常駐やるケースがあります。各社で給料が変わるものですが、その点は看護師にもおんなじことが言えます。
大きな総合病舎と町医者を比較すれば、儲けに差が出てしまう。ですから、看護師として動く人の平均給料がこれだけの額にのぼる、と明確に当てはまるものでは無いのです。看護師の勉強をするための学園にはユニバーシティと用学園があり、いずれかを選択することになります。ユニバーシティの特性は色々いうと最先端の診断について位、より専門的なメニューを学べるという点とより幅広く知識を修得できるに関してでしょう。
関する用学園については、分野系統に、レクチャーの割合が多く、テクニカルであり、実にはたらくことになったシーン、即戦力として力になれることが特性でしょう。そして、必要とされる学資は用学園の場合はユニバーシティの学資の十分の一ほどなので、まったく安いです。

看護師にとって当然のことですが、やめてしまいたくなることも何

看護師にとって当然のことですが、やめてしまいたくなることも何度もあるでしょう。
 売買自体の負け戦のみならず病人に激しいことを言われたりすることだってあります。ですが、それだけではなく、良い定義、看護師の売買をやり続けたいと実感することも多々あるのです。マスターからの奮い起こしや優しい言葉など、皆さんにサポートしてもらっていることを実感する四六時中だ。今流行の「町コン」では、たくさんの遭遇がありますが看護師の中でこちらに潜入をする人は多くいます。
同僚の大多数がレディース、ということも数多く、メンズとの遭遇というものが少なくて、婚姻したいと思っている看護師をはじめとして、町コンへの潜入は珍しくありません。町コンの好機も、看護師は人気があります。
ただし、もしも、カップルになれたとしても、仕事柄、休日の心づもりが合わない場合もあり、駄目になってしまうこともあるようです。正看と呼ばれる権を有する看護師になる切り口は、専用ゼミナールや看護コースのある短大やキャンパスを卒業することが必要不可欠になります。
看護師試行の受験資格が看護コースを卒業して要ることなのです。
とはいえ、看護の専用ゼミナールは人気があってオッズがさんざっぱら大きい結果、これらのゼミナールに入学する事を目標にした塾があるほど、難局なのです。これから准看として勤める人が正看を目指す場合は、通信教育コースもいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。
公務員看護師になるには、公立役所や国公立病舎ではたらく以外ありません。元々、看護師という売買が専業で長く勤務することが出来る安定した売買だということで人気なのですが、加えて公務員に準じた魅力が擦り込みば益々リライアビリティが高まりますよね。
所得やインセンティブが安定して買え、便利厚生の手厚さや解雇のプレッシャーが少ないのはカワイイ魅力だ。
勤務時間について、看護師というお仕事には、ちょい難しいようなイメージがあるかもしれませんが、この世よりも多少、生計しやすい近辺があります。就業表、つまり修正次第ではありますが、有給休日を間隔単位で並べる間隔休を取ることができます。なので、子育てと売買の兼職を図りつつ、あまり無茶をすることなく、行ない積み重ねることがオッケー、と考えられているようです。キッズが低い仲間だとそれほど、急性欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、それでも取り計らいながら、働くことができているのは、間隔調整し易い働き方による、というのが幅広いようです。
基本的には、勤務時間は8間隔というのが普通です。
病舎には多くの科が設置されていますが、勤める科が違えば、看護師の売買ややり方の切り口がなるのです。
それまでの配属部署以外の部署で講話するテンポ講話では、ひとつだけの部署では学ぶことの出来ない広い手の内を修得できる時間だ。
また、視界を広げて、登記を深められるでしょう。
行く末を考えるチャンスになりますから、ビギナー看護師の野望も湧いて来る。
転職を希望する看護師の、その裏付けを聞いてみると各種答えが返ってきます。
慢性的に看護師の頭数が足りない、とする病棟は手広く、所要は上がる一方で、求人はいつでも、やけに多いというのが現状です。
勤務している今の職場で給与がマーケットより遥かに安かったり、例えば残業が多すぎるといったように、営業雰囲気が劣悪であるなど、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。
仮にその裏付けが、状勢よりも雰囲気や条件を好転させたいはなら、極力なら、給与の合計ですとか労働条件に加えて、そこでどういったうそがたっているか、世評はどうなのか、なども確認できると良いです。ルールにおいて、看護師は医師の治療を補助する役割を担うということが決められています。
対応を行うことは、原則として認められていませんが、医師の仕込統率下位だったら、やり方可能商品もあるのです。ただ、激変時や、差し迫った状態になったときは、実績のある看護師には部分的に対応も見て取れる責任もあるのではないかと考えます。病棟に勤める看護師は、深夜もある程度クライアントのメンテにあたる結果夜勤を避けられない売買の一つだ。具体的な勤務時間でいうと、勤める病舎が2トレード就業か3トレード就業かによって変わります。
2トレード就業の場合、勤務時間が17間隔位なります。
3トレード就業の夜勤は時間的に満杯な日付が組まれて仕舞うケースも珍しくありません。
希望する病舎がどんな就業状況なのか調べておきましょう。現在、日本においては環境連盟を強化するために申し込みされたEPA(環境連盟約定)において、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムによる聞いた定義のある方も多いと思いますが、いわゆる外人看護師代わり生の取入れを実施中だ。しかしながら、日本語で作製された看護師の国々試行を受験し、3年間の滞在期間中に看護師権の収得ができなかった場合には母国へ帰国することになります。
勤務をしながら日本語の研究を通して、もう一度、看護師資格取得のための試行やり方も行わなければならないので、甚だ大変というのが現状です。
あなたは「看護師」と聞くとどんな印象を受けますか?ナースと呼ばれている流れ、この世的には、いい感覚を持たれていることが多いと言えます。しかしながら、看護師がどのように勤めるかによってみると、勿論条件はそこそこですが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりやる看護師も少なくないのです。
多め面だけに注視せずに、看護師の勤務の仕方の境遇というものを理解することが必要です。
昔の看護師といえば、女性が請け負う商品というムードがありました。ですが、近年の傾向としてどこでも看護師の名前が使われ、男性が動くことも珍しくありません。
実に看護師に必要な適性によっても、こんな変化は極めて自然な周期だと言えるでしょう。
母性的優しさだけでなく、売買の基礎に変わるスタミナの多さや平静な眼力、瞬発スキルといった出力もこれからの看護師にとって大切なポイントだと言えますね。
多くの病舎で看護師手薄が叫ばれていますが、これは十分な診査を供与できないという意味では社会問題と言えます。
原因としては、売買に追われる看護師の厳しい労働雰囲気があります。
昨今、医師が行っていた一部の対応を看護師が個別できるようになったため売買が増加する一方になり、勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する片方なのです。また、キッズを産後、夜勤で働きながらの子育ては困難だとして、看護師の勤めを離れる人も珍しくないのです。

始終重労働に晒されている状態のある看護師というお仕事ですが、その勤務は、この世よりも

ある程度労役に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その出勤は、世間よりも多少、生活しやすいポイントがあります。
入れ替えの程度によっては仕方がないとしても、タイミング休というものを採り入れることが簡単にできる傾向がありますので、子育てであってもそれだけ無茶をすることなく、絡み積み重ねることがオーケー、と考えられているようです。
娘が狭苦しい間だと中でも、急性欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、ともあれ働き続けていられるは、タイミング調整し易い働き方による、というのが著しいようです。
ついでに言うと、看護師も他職種と同じように8タイミング職業だ。
きちんと知られていませんが、看護師で公務員になる手法があります。それは国公立病舎や公立組織ではたらくという手法だ。
看護師は専門的な情報が求められ、長時間動ける職種だという事情から注目されていますが、どんどん公務員の対応が付加するため一層安定した職業になることは確実です。
公務員は利便厚生が優しくサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、カワイイ厚意だ。クリニックで看護師として働いていた同僚は、疾病になってしまって、その静養のためにいったん退職しました。ですが、疾病が完治するやいなやステージに戻って、クリニックで看護師として今も元気に働いています。多少の剰余でも、資格を取得しておけば比較的簡単に勤めに復職できるんですよね。私も時間のあるうちに功績に有利な資格を取っておけば良かったと後悔している。
看護師という職業は勤務する時間が不規則ですことにプラスしてキツい職種だということも原因となり、他仕事に転職やる人も少なくないという話ですが、ほとんど、看護師資格はそれ以外の勤め先にとっても有益であるケースが多いのです。
出来るのは体躯や疾病についての過去のストックや情報を役立てることができるので、ビギナーでも働きやすい勤め先といえば、保育誘因やリラクゼーションエステなどです。
働きながら妊娠したら、看護師として断然注意するべきは、とりわけ、する必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、こちらに尽きます。エックス線収録も放射線診査も、作業に従っていれば看護師が被爆講じる心配など、規準ちっともあり得ないのですが、注意するに越したことはありません。薬品についても病舎で患者に触れる内、薬に接する機会も数限りなくありますから、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。一方で、看護師の職種は、キツイ肉体労働でもあって、残念な流産や、早産の心配がどうしても高いです。
とにかく妊婦としての自覚を持って、適度に休憩して下さい。一切病舎から病院まで看護師は様々な場所で求人がありますが、医療機関以外に看護師として動ける勤め先に保育園がある事をご存知ですか?保育園を勤め先にするのは、娘贔屓の看護師には、適任の勤め先だと言えます。
ちなみに、どういった職種かというとナースとして園児の体調管理や損傷の応急処置をしつつ、注意や授乳など保育士のお手伝いするという責任のある職種だと言えます。ずっと看護師としての握りこぶしを上げたい、と考えているのであれば、兎にも角にも、ストックを積んでいくことが大事です。どんなことが起こっても、厄介を解決できる手法が確立されている、といった生やさしいものではありません。ですから、実地に経験して出向くしかない、ということです。
野望の力強いユーザーなどは、一際学びたいというメンタリティから転職を希望する場合があります。様々な技量が必要になる、もっと高度な医療のステージをめぐって握りこぶしを磨きたいというメンタリティによる、前向きな哲学の転職ですね。看護師は好んでタバコを吸うユーザーが多くない印象がありますが、印象行き来、タバコ百分率は状況より短いようですね。
病舎で勤める上記、タバコを吸って匂いが人体に残らないように意識的に禁煙やるユーザーが増えていることが知るのではないでしょうか。
一般的な判定では看護師は賃金が安定している職種だと位置づけられていますから仮に、借金を組もうとすることがあったとしても、大体の都合、スムーズに検討を通ります。
けれども、パートタイマー職業です都合等、非正社員の場合の看護師だとあんまりそうであるとは言えません。
借金を組む際に、スムーズにいくことが多いのは派遣などではなく、正社員として勤める安定した職業形態で勤める看護師について当てはまることなので、非正社員の看護師は借金を組むことが困難なことがあります。看護師として患者から信頼してもらうためにも、動く看護師は見栄えに気を付けておく事が必須になります。
淑女の看護師の場合、ケバイメークは避けて誰にでも好印象になる通常メークを施すのが良いでしょう。すっぴんとは異なり、親しみやすくきちんとした予想になるので、印象が変わることは間違いないでしょう。
トレード制でクリニック勤務をしていると、ウィークエンドも何もあったものではありませんが、ウィークエンドを休日にしたければ、そうすることもできます。
クリニック職業だから昼間も夜もウィークエンドも関係なくはたらくことになる定義で、外来職業に変えると、ウィークエンドがオフになるでしょう。
不安定的勤務があったり、ウィークエンドのオフ受診に当番として生じることはありますが、それでも、ウィークエンドはかなり休める印象です。それから個人経営の病院で、入院建屋のない周辺なら、大抵の場合は土曜、日曜、祝祭日は、お休みだ。
看護師といったら、昔は大多数が淑女でした。
しかし最近の傾向は、看護師の名が認知されていることからも分かるように、夫の看護師も多いです。実際に看護師に必要な適切によっても、そんな変化は、トレンドとしてさすがなのかもしれませんね。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に職種の基礎に上るスタミナの多さや穏やかな眼力、瞬発キャパシティーといったキャパシティーも看護師に求められるコンテンツだといえるでしょう。
多くの看護師は病舎で働いていますが、病舎といっても複数の科を持っている一切病舎から、地域の町医者まで規模は様々です。
病舎とか、保育園や病院といったポジショニングも看護師の勤め先だ。
賃金は勤める会社によって違うものですが、やはり、看護師も同様です。
一切病舎と町医者とでは頂ける提供に違いがあるのです。
これらを考慮すると、平均的な看護師の給料がいくらだと言うのも、酷いものだと思います。

病魔になって気落ちしていると笑顔でクランケ各自を支えてくれる看護師は、時として医師よ

病魔になって気落ちしていると笑顔で病人別を支えてくれる看護師は、時々医師よりも頼みが持てる事もあります。
ですが、現実には看護師のビジネス実態は大変厳しいことが多く、覚えておかなければいけない役目や考察オペレーションを何度も繰り返さなくてはいけない結果実はずっと緊張状態という事もあるのです。この役目の負担で、こころの病に侵される看護師も珍しくないのです。義憤が深く、潔癖でがんばりすぎる手法やこれといったストレス発散手法が無いについては、更に注意が必要になります。やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右側に起きる役目は滅多に無いのかもしれません。
でも、こういう役目ならではの苦しみもまた、著しいようです。
挙げるとキリがありませんが、まるで役目のハードさはいうもありません。
そして、出勤の不具合もあります。一年中フィットが求められる故の新陳代謝制で、不規則であることも数多く、やはり診査現場という特殊な会社で、浴びる負担も相当のもので、そこで職員同士の考えの違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。大変だと分かりつつ、看護師という取引を志望する人様がOFFも切らないはさすが、デメリットに目をつぶることが可能なくらい武器も多いについてに他なりません。
病舎ビジネスの看護師は2新陳代謝制か、最近は3新陳代謝制の方が多いようですが、新陳代謝制を敷いてみんなが夜勤を努めます。夜勤インナーの商いについては、日勤の場合と比べると医師と看護師も含め、働き手が大いにいなくなり、夜中の少人数様式の中で眠れない、熱っぽい、腹痛がやる辺り、担当病人から訴えられたり、通常の商い出先に、対応するべき事案がやけに増えます。かといって営業も果たす必要があるので、オペレーション容量としてみてみると、日勤のそれを上回ることになります。
正職員やポイント、派遣といったように、看護師の働き方も色々ではありますが、それでも、みんなは医療機関で働いている。
無論、その他の部分でも、いくつも看護師のポイントを必要としている会社はあり、具体的には、保育園、幼稚園の保健室、先内方の医務室、病院や保健メインなどで、こうしたところではたらく人様は増えていて、倍率の高いところもあるようです。
看護師はこんな風に仕事をすることが出来あり、婚姻やお産をした、養育が終わったなど、人生のアレンジに合わせるようにして転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。一般的に、おんなじ病舎で長く勤めて実績を積んでいくと段階も上がっていきます。婦長といえばそのポジションも発想がつき易いですが、他にもポジションがあるのです。最近では、生徒やポイントの看護師も少なくありませんので、形看護師であれば段階の事から言えば、上のポジションになるわけですね。一般的にポジションに就いた人様は、給与の面でも優遇されるようになります。
目下、一段と、看護師の数値が足りなくなってきていると言えます。
看護師特権を持っているけれども、看護師の現職を選択していない人も多いのです。
このように看護師が足りなくなっているのは何故でしょうか。
それは看護師という取引の、離職料率の高さによって起こっていると考えられます。
具体的には、フルタイム看護師の場合の離職料率は、約11%にもなります。
会社の大半を女性が占めており、養育を理由に退社に差し掛かることも多いですが、それに加えて、厳しい労働事態も、離職料率を高める発端だと言えると思います。
他の一般的な取引と、看護師の販売などを比べた調べによると、せめて水準賃金においてはなんなく看護師が上回りました。
看護師欠落に陥っている医療機関は小さくはなくいつでも人手を求めている、という事情により、それほど環境などの社会的発端に、販売が影響を受けないという点も、勢い現職です所以かもしれません。
さてそういった看護師ですが、給与は良いものの、ただ働きであるプラン残業が蔓延していらっしゃる辺り、看護師の就業事態は、必ず整っているは言い辛い状況です。公務員と看護師を併存始める手法は、国公立病舎や公立機関ではたらくという手法だ。
そもそも、看護師は専門的な知見が求められ、たくさん動ける職種の一つであるとして人気なのですが、なおかつ公務員にもなれたらリライアビリティは確実です。
安定した販売と、リストラの重荷が小さく、便利厚生が手厚いはカワイイ利益だ。
病舎には多くの科が設置されていますが、勤める科が違えば、看護師の役目や助太刀など、看護の手法が違う。
配属部署と異なる科でクラスを受けるサイクルクラスは他部署の助太刀を覚え看護手の内を修得できる局面だ。
また、いち看護師として視野を大きくして事柄を捉えられるようになり、多くの知見を身に付けることが出来ます。
いつかを考える転機になりますから、意志が残せると言われています。目下、病舎が合体したり閉鎖したりすることが続いて、注目されているのが、医師や看護師が不足しているという問題です。日勤や夜勤といった不規則なビジネス系列に加えて急患フィットも行ない、看護師の大半はかなりの労役をこなしているといわれています。
紳士看護師も増えてきてはいますが、少し女性の割合の方が多い役目ですから、結構負担が留まりやすかったり、行きたいときに便所に行けない看護師が便秘に悩まされがちというのも納得できる発言でしょう。
認可が必要な専業です看護師は診査や介護など、様々なタイミングで求められています。そんな訳で、仮に会社を変えたい辺りを望むなら、それは結構容易な筈で、丁寧に探してみれば、自分の希望にそぐう仕事も、発見できるかもしれません。web事態があれば、簡単に足行える専門的に看護師の求人などを支援するインターネットもたくさんありますから、会員登録して賢く活用しながら優良な会社を探してみてはいかがでしょうか。
皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?それは、看護師を目指す生徒が意識を上げるための品種のはじめタイミングでつけられる帽子だ。食品人様も帽子を被っていますが、それよりも特別なメリットを持つカタチといっても過言ではありません。
そうはいっても、近頃では看護師の制服の容姿というのもだんだん変化していますから、近い将来、帽子のメリットも忘れ去られてしまう一時が来るのかもしれません。ヘアが落ちないようにするためのカタチという、これまでのような濃いメリットを有する有ではなくなってしまうのは無念だと思いますが、時代の一変として納得するしかありません。注射や採血は看護師が行う役目の代表的なものです。
注射受けるのがびいき、なんていう品種は若干派でしょうが、どうも打たれなければならないなら、苦痛が少ないように処置してほしいというのも無論でしょう。
とはいえ、注射をするのも個人の手の内の次第によってしまいますから、苦痛無く処置してくれる看護師もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛く向かう事もあると思います。
この辺りは偶発としか言いみたいがありませんね。